みんなのアルバム

クリスマス礼拝・祝会2021年12月17日

ひよこ・あひる・はと組(年少~年長)

すずめ組(2歳・満3歳児)
たまご組(0・1歳児)

 12月17日(金)に、クリスマス礼拝・祝会を行いました。
当園のクリスマスは、キリスト教ならではの大切な行事です。
 年少~年長はホールで、2歳・満3歳児は、教会の礼拝堂で、0・1歳児は、保育室でそれぞれの年齢に合った内容でクリスマス礼拝をしました。
4週間前から、アドヴェント(クリスマスを待ち望む期間)に入り、毎日アドヴェントカレンダーをめくって、クランツに火を灯して礼拝をし、クリスマスのお話を聞いたり、色々な讃美歌を覚えて歌ったり、ページェント(イエス様の生誕劇)を練習したりと、クリスマスに向けて楽しみに準備をしながら過ごしてきました。
 昨年は、コロナウィルス対策の為、子ども達と教職員達だけでクリスマス礼拝を守りましたが、今年は感染状況が落ち着いてきていることもあって、年長(はと組)の保護者の方に1名ずつ来て頂き、共に礼拝を守ることが出来ました。また、体調を崩しやすい時期ですが、この日は、全園児でお休みする子が一人もおらず、全員でクリスマスをお祝いし祈り合う時が持てたことに本当に喜びの気持ちでいっぱいです。
ページェントは、年長(はと組)が中心となって行いました。子ども達はイエス様のお誕生の物語りを伝えるメッセンジャーとしての役割を担っています。練習を日々重ねながら、お話をよく理解して、それぞれの役割を一生懸命に演じていました。お休みの子がいたら、その子の代わりも子ども達が補い合って演じ、「みんなで成功させたい!」「私たちのページェントを見てもらいたい!」という強い思いで臨む姿に、大きな成長を感じました。年中、少の子ども達は歌での参加をしましたが、自信を持って元気に歌って参加していました。
 キャンドルサービスでは、イエス様の光をろうそくに灯し、一人ひとりがそれを眺めながら、その光を心にも灯すことができるように祈りました。
 このクリスマスの経験や喜びは、子ども達の心の奥深くに残っていってくれることでしょう。
礼拝の後は、お楽しみの時間!皆で、クリスマスの楽しい歌を歌ったり、先生達が秘密で練習した歌や合奏を披露したり・・・サンタさんの登場には、皆、歓喜の声をあげていました。

 今年も、神さまの守りの中で、クリスマスを迎えお祝いすることが出来たこと、皆で喜び合い、温かな気持で楽しい時を過ごせたことに感謝致します。

(写真は、数日前に撮ったものと、当日に撮ったものが混ざっています。)

  • 0118912617